中津川病院
一般財団法人岩手済生医会
中津川病院
  • 〒020-0003
  • 岩手県盛岡市下米内
  • 二丁目4番12号
  • Tel: 019-662-3252
  • Fax: 019-661-8414

病院長挨拶

2015年4月に院長として入職いたしました。

入職前の岩手医科大学では呼吸器内科を専門とし、肺癌などの腫瘍性疾患、肺炎や胸膜炎などの感染症、気管支喘息や過敏性肺臓炎などのアレルギー性疾患、膠原病などの自己免疫疾患診療に従事し、2002年4月から1年間、国立療養所(現在の国立病院機構)東京病院にて肺結核を主とした感染症診療を研修しました。大学病院に戻ったのち、2008年4月から2年半、岩手医大附属病院・岩手県高度救命救急センターに勤務し、2010年9月から睡眠医療科と総合診療外来(臨床検査医学講座)を兼任いたしました。当院入職後も同附属病院で総合診療外来を週1回担当しておりましたが、同医大の総合診療科立ち上げに伴い、2017年6月をもってその任を終了いたしました。
呼吸器、感染症診療に長く携わってきたことから、昭和6年に結核療養所として開院した「岩手サナトリウム」を前身とする当院の院長に就任できたことに感慨を覚えます。

当院は入院診療のみならず、訪問診療や訪問看護、訪問リハビリテーションと在宅医療にも力を入れており、急性期医療と在宅医療を繋ぐことで、地域のみなさまの健康な暮らしに貢献できるよう体制を整備しております。また、各種老人ホームや介護施設との連携をこれまで以上に密にし、医療と介護を繋ぐ架け橋の役割を担っていきたいと考えています。加えて、これまでの経験と呼吸器専門医の立場から、肺がん検診の推進、慢性呼吸不全患者さんにおける在宅酸素療法や在宅人工呼吸までも含め、慢性呼吸器疾患をお持ちの患者さんのかかりつけ医として、より良い医療を提供することができればと考えております。

職員の目から見る当病院は、ともすると日常に埋もれ、職員自身が見えにくくなりやすいものです。私どもは日々良い方向に変化していきたいと考えております。そのためには、当院で診療を受けられた患者様ご家族様みなさまから当院のご評価をいただけることを願っております。直接のご指摘が難しい場合には、院内に設置しております投書箱を積極的にご利用いただき、改善すべき点をご教示いただければと思います。また、良い点にお気づきになられました際にも情報をお寄せいただければ、職員で共有して励みとしなお一層の徹底をはかっていきたいと思っております。

地域のみなさまのご期待に沿えるような病院づくりをしていきたいと考えておりますので、ご協力をよろしくお願いします。

中津川病院 病院長 高橋 進

医師紹介

常勤医師

高橋 進(内科・呼吸器内科)
      日本内科学会 総合内科専門医
      日本呼吸器学会 呼吸器専門医
      日本アレルギー学会 アレルギー専門医
      認知症サポート医
藤島行輝(内科)・・・副院長
      日本内科学会 認定内科医
      日本血液学会 血液専門医
足澤美樹(内科)
      日本内科学会 総合内科専門医
      日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
黒田 敬(形成外科)

非常勤医師

齊藤和好(外科・内科)
鈴木啓二朗(内科・血液内科)
室岡雅子(内科・循環器内科)