中津川病院
一般財団法人岩手済生医会
中津川病院
  • 〒020-0003
  • 岩手県盛岡市下米内
  • 二丁目4番12号
  • Tel: 019-662-3252
  • Fax: 019-661-8414

在宅診療

中津川病院では、訪問診療・訪問看護・訪問リハビリテーションを行っております。住み慣れた地域で安心して療養生活を送れるよう、入院から在宅まで切れ目なくサポートいたします。

訪問診療

月2回程度、当院担当医師がご自宅、あるいは施設に伺い、診察、投薬を行います。24時間365日体制で医師および看護師が待機し、緊急時には往診や訪問看護を行い、必要に応じてすぐに入院できるシステムをつくっています。
訪問診療をご希望の際は担当するケアマネージャーにご相談いただくか、当院の地域医療連携室までご連絡下さい。一度当院を受診していただき方針を確認いたしますが、受診が困難な場合は初回から往診対応もいたします。料金などの詳細は初回受診の際にご説明いたします。
「地域に根ざした優しい医療の提供」という病院理念に基づき、盛岡市の北部(玉山区を除く)に重点をおき訪問診療を行っております。しかしながら、対象地域にお住まいの方および地域施設に入所療養中の方のみならず、訪問診療を希望されるすべての患者さんに柔軟に対応し、必要に応じて連携する在宅医療機関にご紹介させていただきますので、まずはお気軽にご相談にください。

訪問リハビリテーション

在宅で生活をされ、病気やけが、疼痛などで身体が不自由になられた方を対象に、リハビリスタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)が直接ご自宅に訪問し、機能訓練や動作訓練などを行います。
また、住宅環境の整備、福祉用具の検討、心理的援助など、ご自宅で安心して生活できるように、かかりつけ医や担当ケアマネージャーと連携を取りながらサポートさせて頂きます。

訪問看護

平成29年11月1日より訪問看護ステーションとして独立、病院に付属する外部部門となりました。訪問看護ステーションなかつがわをご参照ください。

在宅看取り

中津川病院では、厚生労働省の策定した「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」に即して行われた「人生の最終段階における医療体制整備事業」に基づく研修会を、院長を含めた病院職員および訪問看護ステーションなかつがわ所属の看護師が複数名で受講し、院内にアドバンス・ケア・プランニング(ACP)運用委員会を設置し、人生の最終段階における医療について積極的に考え取り組んでいます。
「最期は自宅で」という患者さん、ご家族さんの思いに寄り添った在宅医療の提供を心がけます。